特別セミナー

 

 

 

 

 

 

神谷謙伯 特別セミナー

  〜 ミディアム・ヒーラーを目指す全ての方に贈る 〜   
 

『魂振・たまふり』産みなす神・鹿島神宮                           

                             

 日本の原型・元型的意識・エネルギー、そして叡智と共鳴するフィールド・ワークショップ・ツアー 【2018年5月12日(土)】​

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 正確無比なクレアボヤンス(霊視)、クレアオーディエンス(霊聴)、クレアセンティエンス(霊覚)や

 

 

トランス・ミディアムシップ(チャネリング)、トランス・ヒーラーシップを誇り、

 

 

極めて精度の高いリーディングとその繋がる領域の次元の高さから、

 

 

世界最高峰レベルの、欧米の名だたる超一流のミディアム(スピリチュアルカウンセラー)や

 

 

ヒーラーからさえも請われてリーディングやヒーリングを行う神谷謙伯(かみや・かねとも)氏。

 

 

 

 数多の難病や、医師に不治と宣告された病に苦しむ人々に寄り添い、奇跡的なヒーリング能力で絶賛される神谷謙伯氏は、

 

 

アークエンジェル(大天使)や守護大天使をはじめとする天上界の領域とのコミュニケーションや、

 

 

それら聖なる存在や天体等の意識・エネルギーをこの物質世界に降臨させ、発現・顕現させるものとしてもつとに名高く、

 

 

その驚愕の業(わざ)は、居並ぶ世界の貴顕紳士や名師たちに思わず畏怖、畏敬の念を抱かせる程とまで絶賛されます。

 

 

 

 

 その神谷謙伯氏によるヒーラーシップとミデイアムシップの真髄・エッセンスを学べるフィールド・ワークショップが、

 

 

2018年5月12日(土)に下記のように開催されます。

 

 

 

 

 初心者やこれからヒーラー、スピリチュアルカウンセラーとしての道を目指す方も、或いは既にプロのヒーラーやスピリチュアル・カウンセラーとして

 

更にレベルアップを求めている方、 医師や看護・介護の現場に立たれている方々、セラピストやヘルスケアのプロフェッショナルの方々にも、

 

 

このツアーを経ることにより、どのような職業に携わっているかにかかわらず、

 

 

ご自身の波長・波動・エネルギーが飛躍的に上昇し、自己の霊的能力の顕現と飛躍的な向上、

 

 

そして現在携わっているそれぞれの仕事の次元が飛躍的に上昇することにお気づきになることでしょう。

 

 

それとともに、自己のヒーリング、トラウマのリリースが段階的に達成されていくことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

【『魂振・たまふり』産みなす神 鹿島神宮 フィールド・ワークショップ開催要綱】

                             

 

 

 日本神話を代表する武神そして建国の神・武甕槌大神(たけみかずちのおおみかみ)を祭神とする鹿島神宮の創建は、初代神武天皇(『古事記 』では

 

「神倭伊波礼毘古命・かむやまといわれびこのみこと」)の御代にまで遡る。

 

  

 平安時代・延長五年(927年)に完成した古代法典『延喜式』の神名帳で神宮と呼ばれるのは、伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮の三社だけです。

 

 

 天地創世、神代の昔、天孫・瓊瓊杵命(ニニギノミコト)を葦原中国(あしはらのなかつくに)に降臨せしめんとした「高天原」の天照大神の命を受

 

け、武神・武甕槌大神は天より降り、国津神々を慰撫し、大国主命(大己貴命・オオナムチノミコト)と国譲りを成就した。

 

 

 そして時が下り、神武東征においてもまた天皇の危難を救う。その御東征の半ば熊野において思わぬ窮地に陥いった(即位前の)神武天皇。

 

天照大神は、武甕槌大神に今一度降臨して神武天皇を助けよと命じるいきおいのところ、武甕槌大神は「自分の剣を授ければ事足りる」としてが国譲りの

 

時の剣を天から降し、その「韴霊剣」(ふつのみたまのつるぎ)の神威により救われたという。その剣の霊力が、神武天皇とその率いる軍勢を覚醒させ、

 

活力を得て戦に勝利したのです。

 

 この神恩に感謝した神武天皇の即位の年、すなわち皇紀元年に、武甕槌大神をこの鹿島の地に勅祭したと伝えられる。爾来、鹿島神宮の歴史は、日本の

 

紀元を初代天皇・神武天皇の即位(紀元前660年)に求める皇紀(皇暦、神武暦)と一にするのです。

 

 

 日本の国の建国に関わる神として、そして奈良、平安の頃には鎮護国家・護国の神として篤く敬われるようになりました。中世以降は武士階級の篤い信

 

仰を集め、鎌倉幕府、江戸幕府の崇敬も篤かった。さらにまた近世には「世直しの神」としても庶民にも篤く敬われるようになったのです。

 

 

 「古事記」では『建御雷神』(たけみかずちのおおみかみ)と記されるように、雷神、雷電の神であり、そして剣の神とされる。また、相撲の祖ともさ

 

れる神。 このように武甕槌大神・建御雷神は、雷神、刀・剣の神、武神として多くの武芸者や武道・武術家、軍人の篤い信仰をも集めますが、実はその

 

本質は、外に向かう戦いや闘争としての「武」とはその次元と趣を大きく異にし、実際には、平和を産みなす『魔を祓う神』『祓いの神』なのです。

 

 高天原の神々でさえ頼ったその力は、神武(しんぶ ※註)と言われ、武術の真髄として現代まで伝えられている。神武(しんぶ )とは人の力を遥かに越

 

えた並々ならぬ霊力すなわち、霊的な働きのことを言う。

 

 ※註)この場合の神武(しんぶ)とは、神武(じんむ)天皇の御名前とは関係ありません。

 

 

 古の書に曰く・・『神武(しんぶ )とは天ケ下御治召し給う(あめがしたしろしめしたまう)(大御心の)顕現にして、天意なり。 随て、攻めるにあ

 

らず、守るに非ず、自ず(おのず)から行いて、抱容同化の大義を示す即業なり』

 

 つまり、武甕槌大神・建御雷神の示す「武」とは、天意として、天・神なる統合意識の「全なる智慧」と「全なる力」(全智全能)がこの地上の世界に

 

顕現され、体現された聖霊的な現象であり業(わざ)なのです。

 

 従ってそれは、攻めるものでも、守るものでもなく、自ずから(おのずから)、この地上世界に、『破邪顕正(はじゃけんせい)』を顕現させる「天地

 

の現象の表象」としてあまねく広がり渡る霊力であり、敵や悪として対立・対峙するものさえも教化・教導感化して善・光に導き(波長を高からしめ)、

 

一切を抱容同化してしまう天の業・現象そのものなのです。

 

 

 天地の現象の表象としてのその聖霊的働きは、平和を「産みなす」ものとされます。 ひとたび危急・危難ありそれを妨げるものがあるや、たちまちその

 

光芒を発して神武(しんぶ)が起ち、もって敵をも抱容同化して高め、社会・世に役立たせしめ、その禍を幸いに転じて自他ともに共栄・高みへと導くも

 

のなのです。

 

 つまり武甕槌大神・建御雷神の示す「武」とは、平和と調和と、そして「再生・復活」としての新たな生命・魂・意識を「産みなす」ことなのです。

 

 

 

 

 鹿島神宮がこのように武の神そして建国の神として、伊勢神宮と並び記されていることは決して偶然ではなく、非常に重要な意味のあることなのです。

 

 鹿島神宮の祭神、武甕槌大神・建御雷神には、日本人そのものの意識がそのまま凝縮され、そしてそれが今もなお脈々と生き続けているといわれます。

 

 そこには、日本及び日本人という存在の集合意識としての『原型・元型』が、その鋳型ともいうべきものが、日本という国の起源・発祥の時代から膨大

 

な時を経た今もなお微塵も損なわれることなく刻まれ、潜在的に脈動し続けているのです。

 

 それはつまり、今も私たち日本人を育み続け、その基底に流れ続けている原型・元型としての日本の国の意識の潮流であり、エネルギーの刻印なのです。

 

 

 武甕槌大神・建御雷神に包含されているこの原型・元型的意識とエネルギーが、私たちが意識しているいないに関わらず、日々私たち日本人全ての意識と

 

共鳴して、私たち個々の意識と行動、さらには日本人の集合意識としての日本の国家としての意識及び行動・活動にも影響を与え、導き、衝き動かしてい

 

るとされるのです。

 

 

 それは取りも直さず、鹿島神宮の祭神、武甕槌大神・建御雷神を知ることは、日本及び日本人を知ることであり、さらに私たちが今世で日本人としての生

 

を受けたことの意義と目的を知ることにもつながるのです。

 

 日本及び日本人としての淵源、原型・元型としての日本とは何か、日本人とは、そして私たちとは? がわかることになるでしょう。

 

 

 いつの時代においても、大多数の人々が、物理的な世界での日々の暮らしのみを「現実」と見なしているのが世の常とされるなか、それぞれの時代にお

 

いて、そして世界の各地域において、実際に自我を越えた状態へと踏み出し、広大な宇宙のそして地球の意識のマトリックスへとつながり、意識はその高次

 

元の領域にありながらも、それがもたらす叡智とともに同時にこの物質世界をもしっかりと足をつけて生きる神秘家や導師、スピリチュアルな求道者たち

 

も数多く存在するのです。

 

 このフィールド・ワークショップでは、(実に東京ドーム15個分といわれる)広大な鹿島神宮の神域に充満する

 

ー それはときには、この地に棲息する木々や植物、岩肌を通じて顕現・湧出する ー 実際に生ける、生命体としての

 

武甕槌大神・建御雷神の意識と繋がり、そして人間と行うのと同じように会話をかわすための、特別エクササイズ及び

 

瞑想法・アチューンメントなどを行います。

 

 

  さらには、天・神なる統合意識の「全なる智慧」と「全なる力」(全智全能)の聖霊的「応身」としての武甕槌大神・

 

建御雷神と交感・感応するための「行法(ぎょうほう)」も、その聖地とも言うべき場所にて行います。

 

 

 魂を振るい活性化させ再生させる「産みなす神」である鹿島神宮の祭神、武甕槌大神・建御雷神のエネルギーを実際に肌で

 

感じ取り、生ける個体としての、生命体としてのその息吹、脈打つ生命の鼓動・パルスを、各参加者に実際の体感を通じて

 

認識・知覚して頂きます。

 

 それにより日本の原型・元型的意識との結びつきを取り戻し、その深い叡智に耳を傾け、調和を保ちつつあらゆる民族、あらゆる生命、そして地球と共

 

存する方法を理解し体得して頂くこと、更に地球や地球内外のレベルでの、自分の魂のアイデンティティを取り戻すことを目的とします。

 

 

 そして、この行程の間に私たちが最も高次元の意識とアチューンメント(同調)したときに、祭神、武甕槌大神・建御雷神(意識・エネルギー)が現

 

れ、私たち・参加者それぞれが自己発見の内なる旅路を歩むためのガイドとなり、そしてその深遠なる声・メッセージとともに私たちが進むべき道を示し

 

てくれることでしょう。

 

 

 これにより各参加者の意識が、自分・自我という小さな枠組みを遥かに越えて拡大し、地球を始めとする宇宙の広大な意識の世界を経験することになる

 

ことでしょう。

 

 そしていつしか大自然における精霊やエンジェル、さらには、各聖地にまします神々、諸神・諸菩薩や聖霊などの存在たちと自然に会話を交わすことが

 

出来ている自分に、そして自分の中に存在する潜在的なヒーリング能力が顕現しさらに飛躍的に伸びていることに気付き、驚かれることでしょう。

 

 

  また、『鹿島立ち』といわれるように、これから新たな事業や取り組み、人生の新たな局面に臨もうとされる方にとっても、まさに新たな旅立ちや門

 

出を祝福する神となることでしょう。

 

 

 

 今まで瞑想をしたことがない方や全くの初心者の方にとっても、

 

プロのスピリチュアルカウンセラーやヒーラーを目指す方、既にプロとして働いている方にとっても

 

とても効果的な極上のエッセンスの数々が凝縮されたセミナーです。

 

 

 

 

†∴∴☆∴∴∴☆∴∴ フィールド・ワークショップ&セミナー概要 ∵∵★∵∵☆∵∵☆†

 

☆《鹿島神宮・神域フィールド・ワークショップ》

 

【「魂振・たまふり」産みなす神・鹿島神宮の神域に充満する生命のエネルギーと共鳴するエネルギーワーク】

 

 ● 実践エクササイズ

 

 ● 最高次元の意識、スピリットの領域とのアクセスするアチューンメント

 

【木々・草花・岩などの大自然、そして精霊の意識・スピリットと会話する】

 

 ● 実践エクササイズ各種

 

【生ける、生命体としての武甕槌大神・建御雷神の意識と繋がり、会話をかわす】

 

 ● 実践エクササイズ

 

 ● 特別瞑想及びアチューンメント

 

 

☆ 特別公式参拝 

 

 ◎ 祝詞と祓いのエネルギーを感じる

 

 註)※ 公式参拝のための初穂料はご参加費に含まれています

 

   ※ 男性はジャケット(カジュアル可)とネクタイをご用意

  

     女性はジーンズや肌の露出を避けた服装をご準備

 

 

☆《室内特別セミナー》

 

〜 武甕槌大神・建御雷神と交感・感応するための「行法(ぎょうほう)」〜

 

【あなたのヒーリング能力と霊的能力を飛躍的に高めるための実践エクササイズ】

 

 ● 実践エクササイズ各種

 

 ● 実践的行法 各種

 

註)※ 簡単な体操着・ジャージ類をご持参下さい。

 

      伸縮性のズボン・パンツでも可(スカート不可)

 

      ※ 足下は木の床となります(厚手の靴下ご持参下さい。裸足も可)

 

 

 

日程は以下のとおりです。

 

 

【日程】2018年5月12日(土)

 

 集合場所: 鹿島神宮・大鳥居前 (JR鹿島神宮駅より徒歩10分) 

 

 集合時間: 11:00 

 

 ※ 時間の調整が必要なかたはご相談下さい。

 

(解散場所:鹿島神宮 16:30頃予定)※目安となります

 

 参加費: 39,000円(税込)【公式参拝の初穂料込】     

 

 備考:※ 当日ご参加のメンバー構成及び交通事情等により、セミナー内容に一部変更がある場合もございます。

 

 

※下記のように早期御申し込み割引制度あります。

 

【早期特別割引参加費】

 

 

4月特別早割(4月10日までにお振込) 35,000円(税込)

 

4月早割  (4月26日までにお振込)   37,000円(税込)

 

5月直前割 (5月 2日までにお振込)    38,000円(税込)

 

 

 

【個人セッション・カウンセリングとのセット割引】 

 

個人セッションと同時にお申し込みになると、

セミナーご参加の場合4,000円が、個人セッション代金から割引となります。

 

 

【お申し込み方法】

 

 

下記必要事項をご記入いただき、コピーペーストして、本メールに返信されるか、こちらのメールアドレスまでお申込みください。

 

↓↓↓

 

info@spiritualistorganization.com

 

お申込み後、ご入金の案内を送らせていただきます。

 

【 神谷謙伯  “ミディアム・ヒーラーを目指す全ての方に贈る”

 「魂振・たまふり」産みなす神・鹿島神宮 フィールド・ワークショップ お申込】

 

 

【お名前】

 

【ご住所】〒

 

【連絡先 携帯可】

 

【お申し込み人数】

<お支払いについて>

 

● お支払は、 すべて事前の銀行振込みとなります。 予約された翌日から3日以内に、 指定の口座までお振込みください。

   ※3日目が銀行営業日でない場合には翌銀行営業日となります。

● 振込手数料はお客様のご負担となります。

● 必ずお申し込み後、ご希望の参加日時に対します、確認のメールをお受け取りになりました後にお振込下さい。

● ご入金が確認後、ご予約が最終確定となります。ご入金以前のご予約は、確定ではありませんので予めご了承下さい。

● 必ず申込をされた方のお名前でご入金ください。 名義が異なりますと、入金確認が取れない場合がございます。

   やむを得ず名前が異なる場合には、事前にお伝えください。

● 【お振込先】 銀行口座: 三井住友銀行 日比谷支店 (店番号632) (普) 8468704

     名義 : 国際知的エネルギー研究センター お客様の入金確認が取れましたら、 こちらから最終案内をメール送信もしくは郵       送いたします。 入金確認後、 1週間以内に最終案内を発送致します。 1週間を過ぎても届かない場合にはご連絡ください。

 

<キャンセル・返金について>

● セミナー・ワークショップ・個人セッションお申込み後のキャンセルはお断りしておりますので、 参加を確定してからお申込みください。

  また、ご入金後のキャンセルにつきましては、 理由を問わず一切ご返金はいたしかねます。 他のセミナーや個人セッション、   次回開催時に振り替えるなどの変更は受け付けておりませんので、 予めご了承ください。 ただし、 参加権をご家族やお友達     にお譲りしていただくことは可能です。 その際は必ずご連絡お願い致します。

● 天災 (台風や地震など) や主催者側の都合によって、イベントが中止になった場合、受講料は御返金致します。

● 追加枠待ちをされている方もいますので、 万が一欠席されるようでしたら、 必ずご連絡お願い致します。

   セミナー・ワーク ショップ/個人セッションについてのご注意

● セミナー・ワークショップは長時間にわたるものが多いため、 お昼休憩が1時間程と、 1日に数回の休憩があります。

 (※ハーフディ・セミナー等は通常の短時間の休憩のみです。)

● セミナー・ワークショップ/個人セッションの内容及び参加人数は、 進行状況や参加者のペース・要望、

   または講師の都合により変更される場合がございます。 あらかじめご了承ください。

● セミナー・ワークショップ/個人セッションなどで得た情報は、 ご自身の責任においてご活用ください。セミナー・ワークショップ/個人セッションの撮影・録音は固くお断りしております。

● 他のお客様のご迷惑となることや、 進行を妨げる行為をされた場合には、状況により退出していたく事もございます。

  その場合返金はいたしかねますので、 予めご了承下さい。

● セミナー・ワークショップでの効果につきましては、それを達成できるかどうかには個人差があります。予めご了承ください 締め切りに関して

● セミナー・ワークショップ/個人セッションともに残席があれば、 前日の午後6時までお受けしています。 コンビニエンス       ストアによっては、 24時間お振込みが可能ですので、 事前にお振込みを済ませ、ご参加当日はお振込みの明細をお持ちくだ     さい。

 

心の未来を科学する・国際知的エネルギー研究センター

〠 108-0074 東京都港区高輪4-24-55ペアシティルナッサンス121 Tel: 03-6450-4221 Fax 03-6450-4794 Mail: spiritualhouse@spiritualistorganization.com

<お支払いについて>

 

● お支払は、 すべて事前の銀行振込みとなります。 予約された翌日から3日以内に、 指定の口座までお振込みください。

   ※3日目が銀行営業日でない場合には翌銀行営業日となります。

● 振込手数料はお客様のご負担となります。

● 必ずお申し込み後、ご希望の参加日時に対します、確認のメールをお受け取りになりました後にお振込下さい。

● ご入金が確認後、ご予約が最終確定となります。ご入金以前のご予約は、確定ではありませんので予めご了承下さい。

● 必ず申込をされた方のお名前でご入金ください。 名義が異なりますと、入金確認が取れない場合がございます。

   やむを得ず名前が異なる場合には、事前にお伝えください。

● 【お振込先】 銀行口座: 三井住友銀行 日比谷支店 (店番号632) (普) 8468704

     名義 : 国際知的エネルギー研究センター お客様の入金確認が取れましたら、 こちらから最終案内をメール送信もしくは郵       送いたします。 入金確認後、 1週間以内に最終案内を発送致します。 1週間を過ぎても届かない場合にはご連絡ください。

 

<キャンセル・返金について>

● セミナー・ワークショップ・個人セッションお申込み後のキャンセルはお断りしておりますので、 参加を確定してからお申込みください。

  また、ご入金後のキャンセルにつきましては、 理由を問わず一切ご返金はいたしかねます。 他のセミナーや個人セッション、   次回開催時に振り替えるなどの変更は受け付けておりませんので、 予めご了承ください。 ただし、 参加権をご家族やお友達     にお譲りしていただくことは可能です。 その際は必ずご連絡お願い致します。

● 天災 (台風や地震など) や主催者側の都合によって、イベントが中止になった場合、受講料は御返金致します。

● 追加枠待ちをされている方もいますので、 万が一欠席されるようでしたら、 必ずご連絡お願い致します。

   セミナー・ワーク ショップ/個人セッションについてのご注意

● セミナー・ワークショップは長時間にわたるものが多いため、 お昼休憩が1時間程と、 1日に数回の休憩があります。

 (※ハーフディ・セミナー等は通常の短時間の休憩のみです。)

● セミナー・ワークショップ/個人セッションの内容及び参加人数は、 進行状況や参加者のペース・要望、

   または講師の都合により変更される場合がございます。 あらかじめご了承ください。

● セミナー・ワークショップ/個人セッションなどで得た情報は、 ご自身の責任においてご活用ください。セミナー・ワークショップ/個人セッションの撮影・録音は固くお断りしております。

● 他のお客様のご迷惑となることや、 進行を妨げる行為をされた場合には、状況により退出していたく事もございます。

  その場合返金はいたしかねますので、 予めご了承下さい。

● セミナー・ワークショップでの効果につきましては、それを達成できるかどうかには個人差があります。予めご了承ください 締め切りに関して

● セミナー・ワークショップ/個人セッションともに残席があれば、 前日の午後6時までお受けしています。 コンビニエンス       ストアによっては、 24時間お振込みが可能ですので、 事前にお振込みを済ませ、ご参加当日はお振込みの明細をお持ちくだ     さい。

 

心の未来を科学する・国際知的エネルギー研究センター

〠 108-0074 東京都港区高輪4-24-55ペアシティルナッサンス121 Tel: 03-6450-4221 Fax 03-6450-4794 Mail: spiritualhouse@spiritualistorganization.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus